ぼくがセンター試験の得点を半年で200点あげた話をあえて今する

スポンサーリンク

はいどーもギータです!

 

最近は、全国の大学で前期試験の合格発表が行われてますね!

 

ぼくの浪人していた友達たちも、次々と合格を決めたので、ぼくも一安心しました笑

このブログを見ている方の中に、センター試験を受けて大学に進んだ、という人も多いでしょう。

 

そんなセンター試験も、2020年1月の実地を最後に終了してしまうようです。

 

 

新しいテストを受けなければいけないこれからの学生たちがちょっとかわいそうですね!笑

 

過去問とか一切ないわけですし..

 

とまあそんな感じで、もうすぐ終わってしまうセンター試験ですが、まだこれから受験するひともたくさんいることでしょう!

 

そんなひとたちのために、ぼくがどうやってセンター試験対策をしたか、今回はお話していきたいと思います。

まずはこちらをご覧ください

 

 

こちらは僕が高校3年生6月時点での成績です。(見づらくてすまぬ)

5教科の合計点423/900。

5割にすら届いておりませんwwまだ部活をやっていた時期とはいえ、なかなか悲惨な成績ですね笑

しかし

そこから約半年後のセンター試験の結果こちら。

合計点625/900点!

202点up!ですね。

特に生物基礎が(簡単な年だったのもあるけど)満点を取れたのが良かったですね。

その後僕は見事第一志望だった国立大学に合格しました。

なぜ僕は約半年でこれほどまでに得点を上げることができたのか。各教科の勉強法はまた後日それぞれ詳しく述べるとして、僕が思う大学受験においてやるべきことを挙げたいと思います。

1.自分の努力を可視化する

例えばあなたが長距離ランナーだとして、日々

練習に励んでいるとします。

そして毎日自分がどれだけ走ったかを練習ノー

トに記入するかしないかで、モチベーションが

変わってくると思

うんです。一昨日は5㎞、昨日は10㎞走って頑

張ったという事実を目に見える形で残しておく

ことで、今日も頑張ろう!と思えるはず。受験

勉強も一緒です。毎日毎日勉強ばかりするとい

う単調な生活だと、モチベーション

を保つのは難しい。けれど、今まで自分が頑張

ってきた努力が目に見える形で残っていたら、

それを見て「もっと頑張ろう!」という気にな

れると思います。(自分がそうでした)

これをサポートしてくれる素晴らしいアプリがあります!

その名は「Studyplus」

 

このアプリには散々お世話になりましたね!このアプリは何の教材を何時間勉強したのかを記録できる優れものです!

こちらが実際僕が使っていた時の画像です

夏休みだったこともあり、なかなかガッツリ勉強してますねw

受験シーズン全体をまとめてみるとこんな感じ。

入り切ってない6月分も入れると約1300時間の勉強量でした。

いやー、我ながらよくがんばった、、笑

こうやってグラフ化しておくことで、常に高いモチベーションを持って勉強することができました!

このアプリは本当におススメですので、受験勉強をしている人は是非ダウンロードしてみてくださいね!

2.模試の結果に「一喜」しない

学校の先生に「模試の結果に一喜一憂する

な!」と言われたことのある人、この先言われ

るであろう人は大勢いると思います。しかし僕

は別に、模試の結果が悪かったら落ち込んだっ

ていいと思うんです。つまり「一喜」は

ダメだけど、「一憂」はむしろオッケーってことです笑

 

実際、僕も模試の成績がボロボロだった時は落ち込みました。そこで「もっと勉強しなければ」と、危機感を

持ってより熱心に勉強に取り組むことができま

した。人間追い込まれた状況の方が頑張れる

のです。だからこそ逆に、模試の結果が良かっ

た時ほど気を付けましょう!気が緩んで勉強時

間が短くなり、次の模試で痛い目を

見ます笑

3.「量」と「質」両方追い求める

 

勉強は「量」より「質」だ!というフレーズを

よく耳にしますが、間違いです。確かに「質」

は大事ですが同じくらい「量」も大事です。

ンター試験の膨大な問題範囲に対して得点をか

せぐにはそれしかないと思います。

しかしいきなりそれを実行するといっても難し

いので、最初はとにかく一日の多くの時間を勉

強に割いて、体を馴らしてから、「質」を意識

して勉強するといいと思います。

目安としては一日10時間以上ですね!周りの友達で第一志望に受かっていった友達はみんなそれくらいやってました笑

以上の3点を踏まえて勉強を頑張り続ければ、必ず成果がでるはずです!頑張ってください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です