[飲みサーに18ヶ月所属してみて分かったこと]飲みサーに入るメリットとデメリットをまとめてみた!

スポンサーリンク

­
はいどーもギー太です!

日本には現在、数多くの大学が存在するわけですが、

それと同じ数、いやそれ以上といってもいいほど多くの「飲みサー」が存在します。

まさか、まさかね、「飲みサーってなにぃ?」なんて人はいないと思いますが(偏見

いたとしても我が地元・本州から隔離されし死国こと四国にしか居ないと思いますが(失礼

一応、知らない人のために飲みサーが何か説明しておきましょう。

大学におけるサークル活動のうち、活動そのものよりもむしろサークル仲間や他大学サークルとで催す飲み会主目的とするメンバーが集まっていサークルを指す語。表向き活動内容まっとう趣味研究を掲げているが体をなしておらず、隠れ蓑同然となっていることも多い。(webIio辞書より
ということです。

ぼくの入ってるサークルは活動もそれなりにきちんとしていますが、

飲みサーと呼ぶに全く問題ないくらいお酒大好きです笑

飲み会が無い月なんてのは絶対ないし、一ヶ月に複数会なんらかの飲み会があることは確実です..

で、現在ぼくは2回生で、このサークルに所属して1年半が経ったわけなんです。

いやー、時間が経つのは早い笑

それで、1年半もいると、だいたい「飲みサー」っていうのがどういう場所なのか分かってきました!

この経験を自分だけにとどめておくのももったいないので、飲みサーのメリットデメリットを紹介していきたいと思います!

メリット

その1
人脈が広がる

何かしらの団体に入れば、その人たちとの関わりができるし、中には気の合う友達もできることでしょう。

これはどのサークルにも言えることではあります。

が、

飲みサーは大抵規模がでかいです。

サークル活動が楽なことも多いからか、よく人数が集まります。僕が入ってる以外の飲みサーを見てもそうでした。

出会う人たちの母数が増えるので、より多くの人と関わるチャンスも増えるし、気の合う人を見つける確率も高まるし、あわよくば恋人になり得る人とも出会える、というわけです。

実際、ぼくもだいぶ友達や先輩、後輩が増えました。LINEグループがあるのですが、その人数は100人越え。

入るか入らないかで、人と出会う数が100人規模で違ってくるんですね…。

とはいえそれだけ人数がいれば、もちろん変なヒトがいることもありますが、そういうヒトたちとはあまり関わらないようにしましょう笑笑

その2
何もしていない時間が減る

 

特に予定が無い日、1日中スマホで動画を見たり、ゲームをするだけで終わり!なんてことをしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

たまにはそういう日も良いと思いますが、そういう日ばかりだと、徐々に心が荒んでいきます

サークルに入る前のぼくがそうだったんですが、ほんとーに暇すぎて頭がおかしくなってきます!笑

「あれ、俺、何してんだろう。忘れた、分からねえ..。」

なんてことになります。(↑ミスチルの曲の歌詞であることに気づけたなら、あなたは相当コアなミスチルファンですね笑)

そういう日ばかりを送る人というのは、得てして人との関わりが極端に少ない人たちです。

サークルに所属していれば、人と関わることも増えるし、サークルの活動をすることを通して一定の人とより仲良くなることもあるでしょう。

そして、「なにもしていない時間」が減ることで、日々を生きる活力になっていきます。

その3
組織で動く感覚が養われる

 

サークルの活動の種類にもよりますが、組織で動く感覚が養われます。ぼくのいるサークルは学祭など、大学で行われるイベントを企画運営する、というものですが、何より他者との連携が重要になります。

イベントの宣伝、経費の計算、場所の確保、、1人ではとてもやり切れない仕事を、全員で連携しつつこなしていく。

これは将来社会人になった時にそのまま活きてくると考えています。

(まあ、できることならフリーランスで生きていけたらなあと思いますが..笑

デメリット

その1
ダメ大学生に染められる場合がある


飲みサーというだけあって、彼らは講義はサボって当たり前(まあぼくもサボる時はサボりますが

または講義を遅刻しても当たり前(結構ぼくも遅刻しますが

単位も落として当たり前(ぼくも落とす時は落としますが

なんですよね~・・

ぼくは違いますよ!!絶対!たぶん!

それで、そういう人たちに囲まれて暮らしていると、その基準が当たり前のように錯覚してしまうんですよね。

1回生の前半は真面目に講義を受けて成績も良かったのに、それ以降、人が変わったように単位を落としまくる友人を何人か見てきました(^_^;)

強い意志を持つ人なら問題ありませんが、他人のペースに合わせがちな人は、危ないかもしれませんね笑笑

もちろん真面目な人も普通にいますよ!

その2
大抵パチンカスとスモーカーがいる

これはデメリット1から派生するものです。

飲みサーには絶対、誰かしらパチンコをしてたり、タバコを吸ったりしてる人たちがいます。

そういう人たちと一緒に行動していると、それらを勧められることもあります。

だっけっど!この2つには絶対手を出すべきじゃないです!!

パチンコなんて胴元の店が儲かるのが分かりきってるのにハマってしまい、多くの金を吐き出す「悪魔的娯楽」ですし、

タバコなんて言わずもがな。毒性と中毒性は大麻みたいな麻薬に全く引けをとらない、言うなればタダの「合法ドラッグ」です。

百害あって一利なしどころか、千害も万害もあるものなんです。

それでも、さっき言ったように、それらを嗜む人たちと一緒にいると、

タバコ吸ったりパチンコするのって普通なんかな、、?

て思ってしまいます。それがあなたの世界基準になってしまうのです。

ですので、マジでそれらを勧められてもちゃんと断れる意志を持ってないといけませんね、、。


おわりに

いかがだったでしょうか。

大学ごとにサークルの特徴にもバラツキがあるでしょうが、大体「飲みサー」って言ったらこんなものだと思われます。

メリットもデメリットも両方分かったうえで、

入りたい人は全然入ればいいし、ちょっとでも嫌だなって思った人は入らないのが無難だと思います笑笑

選択肢に「飲みサー」っぽいサークルがあったら、よく考えてから入るようにしましょう!

おしまいっ!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です