[意外]お酒は朝飲んだ方が体に良い理由

スポンサーリンク

はいどーもギー太です!

あなたは知り合いから

ともだち
今度飲みに行こうよ!

と誘われたら、どの時間帯を予想しますか?

..夜ですよね笑笑

ぼくも、お酒は夜飲むモノだと思ってました。

事実日本の学生やサラリーマンは夜に飲み会をして、その後カラオケに行くのが鉄板ルートです。

けど、ある本を読んで衝撃を受けました。

なんと、「お酒は夜飲むよりも、朝飲んだ方が肝臓に負担がかからない」

と言うのです。

それはなぜか?一緒に見ていきましょう!

1.肝臓のリズム

この写真を見てください!

これは、この本に載っている画像をそのまま模写したものです。(横軸は7時~21時の時刻を表しています

created by Rinker
¥1,528 (2019/12/11 10:11:36時点 Amazon調べ-詳細)

このグラフをみれば分かる通り、肝臓の分泌機能のピークは午前中で、午後にかけて急激に低下してるんですね!

つまり、肝臓の働きが活発な朝や昼にお酒を飲んだ方が、体に良いということ!

欧米では、昼食時ワインを飲む習慣があります。

これは、肝臓のバイオリズムや負担を考えると、非常に理に適っているんです!

2.お酒の種類によって効果は違う

アメリカ在住の大西睦子先生の「不養生のすすめ」には、「飲むお酒の種類によって、その後の気分や感情が違う」

と書かれているんです!

どうやら、赤ワインやビールを飲んだあとはリラックスすると感じる人が多いそう。

これに対し、蒸留酒を飲んだあとはエネルギッシュになると感じる人が多かったんです!

 

だから朝にお酒を飲むとき、リラックスして過ごしたいな、という場合は赤ワインやビールを。

逆にエネルギッシュに過ごしたい場合は焼酎やウイスキーを飲むと効果的です!

さすがに講義や仕事がある平日は控えた方がいいですが笑

休日の朝にはオススメですね!

 

飲みすぎて、1日何もできなかった!では本末転倒ですので、気をつけましょう笑

3.朝を有効活用するノウハウが手に入る本

冒頭でも紹介しましたが、この本は早起きによる上手な朝の使い方を教えてくれます。

created by Rinker
¥1,528 (2019/12/11 10:11:36時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくも早起きしようと頑張っていますが、早起きに成功するとその日がめちゃくちゃ長く感じます。

自由に使える時間が増えるんです!

で、その時間でブログを書いたり、勉強したりしてます。

起きれたら、ですがね笑

自由な大学生は特に生活サイクルが崩れてる人が多いでしょうが、この本をきっかけにして「デキる大学生」を一緒に目指しましょう!

で、まわりの大学生と差をつけちゃいましょう!

次の記事→[暇すぎる大学生へ] 暇な時間を有意義に過ごす方法3選

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です