大学生活と高校生活の違い5選!自由と引き換えに責任が生まれる。

スポンサーリンク

はいどーもギー太です!

 

現在ぼくがこの記事を書いているのは3月

 

受験戦争を終え、もうすぐ大学生になる高校生の方に向けて。

 

今回は大学生活と高校生活の違いについて紹介していきますので、参考にしてください!

 

1.授業の組み方が自由

高校までは、1時間目から最後までみっちり授業が詰まっていましたが、大学は違います。自由!

 

1限目の後は2限目を飛ばして3限目を入れてもいいですし、なんなら授業を一個も入れない「全休」を入れることもできます笑

 

授業をどうとるか!その「選択権」が、大学生には与えられるんですね〜。

 

2.「クラスメイト」という概念がない

高校までなら、1クラス30〜40人に分かれて、いつも同じメンバーで授業を受けてきました。

 

毎日顔を合わせるから自然と仲良くなり、クラスメイトという概念がありましたが、高校では全くそんなものはありません。

 

先ほど言ったように、授業の取り方は自由。そのため、授業ごとに一緒に受ける人たちは毎回変わるのです。

 

だから、授業を受けてるだけで誰かと仲良くなれるなんてケースは稀。

 

大学生は友達が作りつらいと言われるのはこれが原因です。

 

3.女の子が化粧してキレイになる

正直、男子は高校こら大学に上がっても全く変わらない、なんて人も居ますが、女子は急にキレイになります笑

 

化粧パワー恐るべし笑笑

 

化粧無しでも可愛いかった女子はなおさら可愛くなるので、どぎまぎしてしまうかもですが(by経験者)

 

早めに慣れてコミュニケーションできるようにすると、大学生活はとても楽しくなるでしょう。

 

4.行動時間が増える

高校までだと、夜遅くなるとどうしても親がうるさいです。

 

義務教育は終了していますが、高校生までは親からの縛りも多い。

 

しかし、大学生になればもはやそんなものはありません!

 

飲み会で日を跨ごうが、カラオケで朝まで歌おうが、叱られることはありません。

 

大学生が自由だと言われるのは、単純に自由な時間が多いから!

 

大学生のうちに、やりたいことはなんでもやってしまいましょう!

 

ただ、飲みすぎやカラオケオールはオススメしません、、笑

 

ガチでしんどすぎます、、笑

 

5.責任が増える

ぼくは1人暮らしなのですが、親に甘えていた分、最初は苦労しました笑

 

洗濯を忘れて着る服が無いのは自分の責任。

ゴミ捨てを忘れて家が散らかるのも自分の責任。

勉強を怠って単位を落としても自分の責任。

 

今までは親や先生が世話をしてくれましたが、大学生はもう半分大人。

 

自分の行動全てに責任が付きまといます。

そこの認識が甘いと、飲み会でセクハラして、警察のお世話になったり、

 

バイト先でふざけて炎上して、就職が絶望になったり、、

 

取り返しのつかないことになりかねません。

 

自由な分、自制心と理性を保つのが何より大事ですね!

 

結論:大学生は自由で最高だけど、その分積極的に行動して責任も持たないといけない

 

高校生活と違ってなにかと縛りが少なく楽しい大学生活!

 

ですが、自分から動かないとマジで友達も恋人もできないシビアな世界でもあります。

 

また、ハメを外しすぎると取り返しがつかないことも..

 

積極的に、だけど自分を律する!

 

これさえ覚えとけば、あなたの大学生活は華やかなものになるでしょう!

 

ではまた〜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です